資料請求

エアコンに頼らない暮らしを

こんにちは。黒川です。

6月と言えども、30℃を超える真夏日が当たり前の時代になってきました。

私の子供時代と比べると、地球環境が少しづつ変わってきているんだなと毎年実感します。

特に名古屋の夏は暑い!と言われますよね。

さて、暑い夏、寒い冬。

快適なくらしのために、エアコンは欠かせないと思います。

しかし「エアコン病」という言葉があるように、頼りすぎるのもあまりよくないという話もありますね。

また、お客様の中には「エアコンの風がどうも苦手」という方もいるのではないでしょうか。

白レンガの家では、エアコンに頼らないオリジナル換気システム、

「レンガのそらどま」

を標準搭載しています。

簡単に説明すると、

◆暑い夏◆

昼間は、直射日光の当たらないレンガの裏の涼しい空気を取り入れ、

夜は、外気よりも涼しくなる屋根裏の空気を取り入れる。

◆寒い冬◆

昼間は、太陽で暖められた屋根裏の温かい空気を取り入れ、

夜は、昼間の太陽熱を蓄熱したレンガの裏の空気を取り入れる。

そして、年間を通して過ごしやすい温度となる床下の空気も利用することで、

自然エネルギーをふんだんに活用した換気システムなんです。

もちろん白レンガの家の一番の特徴は、レンガ積み外壁の質感やデザインです。

しかし一方で、ピザ窯などにも使われるレンガ。

その断熱性と蓄熱性を生かして、白レンガの家でしか実現できない、エアコンに頼らない換気システムを開発しました。

そして、なんとこの「レンガのそらどま」換気システムを2021年6月11日に特許出願しました!

自然エネルギーを利用し、持続可能な社会の実現に貢献する。

白レンガの家の考え方そのものを表す「レンガのそらどま」。

どんな仕組みなのか、どのくらいの実力があるのか。

白レンガの家モデルハウスでぜひ体感ください。

ワンポイント情報♪

Google Mapで「白レンガの家」と入力すれば、名東区モデルハウスが出てきます。