資料請求

屋根は二重になっているんです。

こんにちは黒川です。

本日は構造のお話です。

これから夏を迎えますが、近年の住宅設計では夏場の暑さ対策の重要度は年々高くなっています。

外気温が35℃の時、屋根温度は70℃や80℃にもなると言われています。

(黒系の屋根材よりも白系の屋根材の方が温度が上がりにくいですが、汚れを考えると悩ましいですよね。。。)

太陽の日射を一番受ける屋根。

断熱材ももちろん大事なのですが、白レンガの家では、

「二重屋根による通気工法」

を採用しました。

実際の施工写真がコチラ。

これだけだとなかなかわかりづらいので、断面の絵を描いてみました。

シンプルに言うと、屋根材と屋根垂木の間に「空気のトンネル」をつくって、熱がこもりにくいようにしました。

そして、この空気のトンネルには「ラミパック」という太陽の日射を97%反射するギラギラのシートを施工しています。

この「空気のトンネル」があたかも「バリア」となって、夏の日射から守ってくれます。

太陽の日射を反射しつつ、

伝わってくる熱を、空気のトンネルで防ぐ。

更に内側には断熱材。

暑い夏を、冷房に頼りすぎることなく乗り切れる家を目指しました。

初めての名古屋の夏を迎える「白レンガの家」。

二重屋根の実力は、ぜひご来場いただき、体感ください。

ご予約は白レンガの家ホームページより。