資料請求

ビニールクロスの無い家

こんにちは黒川です。

本日は壁の話です。

皆さんがお住まいの壁にはどんな素材が使われていますか?

おそらくビニールクロスが一般的かと思います。

無地の白もありますし、模様の入ったものや、最近では消臭機能などを備えたものも。

白レンガの家の壁はエスタコウォールという塗り壁材で、左官職人が一棟一棟コテ仕上げしていきます。

天井もエスタコウォール仕上げです。

エスタコウォール

エスタコウォール

白レンガの家では「脱ビニールクロス」を実現しました。

ビニールクロスのいいところは、まず、柄の豊富さ。そして施工費の安さ。

一方でデメリットは、汚れや破れなどによる張替えの手間がかかること。

素材にこだわり、いつまでも色褪せない家をご提供する。

そのために、白レンガの家ではビニールクロスは使わない。という選択をしました。

今回採用したエスタコウォールは、スペインを中心とした地中海沿岸の大理石を原料とした塗り壁材です。

三重県の大台町というところにあるプロホーム大台さんが輸入して、全国の工務店に販売、施工指導をしています。

実はプロホーム大台の社長は、昔フロンヴィルホームズ名古屋で現場監督として修業されていた方で、常にもっといい家づくりを追い求めているエネルギッシュな方です。

フロンヴィルホームズ名古屋の注文住宅でも採用することはあったのですが、今回白レンガの家の標準仕様とさせて頂いています。

まず壁材として、壁に表情がつきます。

触ったときの質感、光と影のコントラスト、そして匂い。

ビニールクロスでは実現できない空間になります。

そして注目すべきは何といってもその機能性。

エスタコウォールは内部にたくさんの気泡を含んだ塗り壁材です。

その気泡のおかげで室内の湿度の調湿効果が期待できるのです。

名東区の白レンガの家モデルハウスでは、ご来場のお客様が玄関を開けて「匂いが違うね!」というとおっしゃります。

また、エスタコウォールの調湿効果を体験できる「実験」もご用意しています。

百聞は一見にしかず。

ご来場をお待ちしております。

ご予約は白レンガの家HPより。