資料請求

キレイな空気で暮らしたい

こんにちは黒川です。

本日は家の中の壁についてお話します。

壁はビニールクロス貼り!が日本の家づくりの定番ですが、白レンガの家の標準仕様はビニールクロスを一切使いません。

ビニールクロスは、柄の豊富さであったり、水まわりに使いやすかったり、何より安価であることがメリットです。

しかし、経年で剥がれや浮きが出てきたり、ビニール素材のため調湿効果がなかったり、昔よりは改善されましたがホルムアルデヒドの懸念もあります。

そこで白レンガの家では、スペイン塗壁材のエスタコウォールを標準仕様として採用しました。

エスタコウォール

左官職人が仕上げるその質感は、手作業ならではの温かみや上質さがあります。

また調湿効果に優れ、湿度が高いときには湿気を吸収したり呼吸をする壁として活躍してくれます。

エスタコウォール

また汚れや欠けに対する補修のしやすさも特徴的で、ペーパーで軽く擦るだけで汚れが落ちたり、粉末をぬるま湯でこねて欠けたところに塗りつけるだけで補修ができたりもします。

空気のきれいさが注目される時代だからこそ、家の素材もきちんと考えて選びたいですね。

エスタコウォールは、プロホーム大台という三重県の工務店さんが輸入代理店となります。

コチラのページに詳しい説明がありますので、ご興味がある方はぜひ。

実はプロホーム大台さんとフロンヴィルホームズ名古屋とは、とても深い絆があり・・・

その話はまたの機会に!