資料請求

家づくりのキホン!地盤調査とは?

今回は、なかなか馴染みのない「地盤調査」のお話です。

いくら頑丈な建物を建てても、地面の柔らかい場所に建てては安全な家はできません。

そこで、家を建てる前に「地盤」を「調査」して、強固な地盤かどうかを判断します。

白レンガの家は、建物の4隅と、中心1点の合計5点で調査を行います。

その方法は「スウェーデン式サウンディング法」といい、1917年頃にスウェーデン国有鉄道で使われ始めた手法で、

日本でも1976年に日本工業規格(JIS)に認定され、住宅の地盤調査方法として広く使われています。

そのやり方を簡単にご説明すると、

細いスクリューを使って、どんどん地面を掘っていきます。

そのスクリューで、一定の深さを掘るのに必要な「力」を測定していく方法です。

実際の測定の様子は↓

地盤調査の様子

現在名東区にて白レンガの家モデルハウスを建築中です。

モデルハウスでも、もちろん地盤調査を行いましたので、その結果と、第3者による「判定」もご紹介します。

まずは調査結果の生データを・・・

そして、総合的な判断がこちらです。

※実際は、地形図や、周辺の建築物の様子(電柱が曲がっていないか、道路がひび割れていないかなど)なども加味して、地盤判定をしていきます。

今回は幸いにも「地盤補強不要」という判断がもらえましたが、

もし「補強必要」という判定でも、「補強」を行えば、しっかりと強固な住まいをつくれますのでご安心ください。

気になる補強費用は、その方法と規模にもよりますが、概ね30~100万円程度になります。

地盤を含む、建築予定地のご相談も随時受け付けております。

お気軽に相談くださいませ。

「白レンガの家 こだわりの仕様43」資料請求は、白レンガの家ホームページより。