資料請求

レンガの歴史_その2

突然ですが、イギリス ロンドンの街並みのイメージって素敵ですよね。

ロンドンの石造りの建物

私も、10年ほど前に1年ほど住んでいたことがあるのですが、

石造りやレンガ造りの建物がきれいに立ち並んだ様は、日本ではなかなか味わえない光景で、いつ見てもワクワクしました。

実はロンドンは木造建築の建造が認められておりません。

それは、1666年のロンドン大火がきっかけでできた法律により規制されているのです。

産業革命が始まったころの当時のロンドンは狭い路地に木造の建物が密集していました。

ある深夜、パン屋さんのかまどから出火した火は、住宅から住宅へ燃え移り、

またたくまにロンドン中に広まり、大惨事となってしまったのです。

この大火をきっかけに、ロンドンでは、

「建物は石もしくはレンガで造ること」

というルールが制定されました。

そのルールのおかげもあり、レンガや石造りの街並みは、その後火事で焼失してしまうこともなく、現在も楽しむことができているということです。

レンガ造りの家

日本でもこれからレンガの耐火性が見直され、レンガ積みの家が並ぶ街並みが実現していくといいな、と考えたりしています。

白レンガの家のホームページもぜひチェックください。