資料請求

愛知で建てるレンガ貼り輸入住宅 ~現場監督・豊川の自宅建築~

~紙垂~

LqV28TdxwzBUNHeXze4ynwV4u_ZuTP9iHWt72TJZymmQ_2CYV6Hp IMG_2475

ちょっと遡りますが、地鎮祭のときの白い紙、どんな意味があるかご存知ですか?

紙垂=(しで)や(かみしで)と読みます。

これは雷のマークという説があります。

日本は雨が降って雷が落ちることで、土が肥えて五穀豊穣になると信じられています。

地鎮祭の時には、ぐるっと縄で囲って紙垂を垂らすことで邪気を払い神聖な場所を作っています。

さて、この紙垂が初めて出来たのはいつでしょうか?

どうやら、現場監督・豊川が大好きな「古事記」に登場するようです。

熱く、熱く、語っておりました。

仕事の話の時も熱いほうですが、神々の話になると、いつも非常に熱い豊川です。

次回、「古事記」についてご紹介します!

完成見学会は7月9日(日)に開催決定!

参加予約はこちらから

開催地:春日井市味美

コメント

  1. […] 地鎮祭で登場する「紙垂」(前回のブログ記事はこちら)が、古事記の中の神話の天岩戸編に登場しています。 天照の神が須佐之男命の悪さの責任を取り、天岩戸に閉じこもり世の中が暗闇になってしまった。八百万の神々達が世の中を元に戻すため、天照の神を岩戸から出そうと祭事(お祭り)を行った。その時に、岩戸の前で賢木の枝に白い布と、青い麻を下げ聖域をつくった。これが紙垂の初めての登場とされている。。 […]