資料請求

輸入住宅の魅力

輸入住宅とは?

輸入住宅の定義については、明確に法律で定められているわけでないのですが、一般的に海外の設計思想に基づいていることと、輸入部材を全体の60%以上使っていること、海外の工法(ツーバイフォー工法)で建てられていることが輸入住宅と呼ばれています。

輸入住宅の特徴とは?

輸入住宅の特徴としては、ゆったりとした間取り、基本性能の高さ(高い断熱性、気密性、耐震性、耐久性、耐火性、耐風性、遮音性)のほか、バリアフリー仕様や、素材の質感などを重視した設計、日本にはないデザイン性などが挙げられます。

また、よく言われる「輸入住宅」のデメリットは3つあります。

1.日本の風土に合わない。
2.間取りに制約がある。
3.リフォームができない。

全て誤認識です。これからそれぞれの特徴紹介の中で説明いたします。

ゆったりとした間取りとは?

日本では910ミリや1000ミリ単位で設計・施工していくのが通常です。一般的には910ミリが多く、1000ミリの廊下を見るとたかだが90ミリ(9センチ)の違いでかなり広く感じることができます。それが輸入住宅の場合は、1200ミリ〜1220ミリ単位で設計・施工していくために、かなりゆったりとした間取りに感じられます。

基本性能の高さとは?

輸入住宅の場合、極寒地域の北欧や北米の住宅設計なので、寒さに強い高気密・高断熱の作りになっているのが基本です。また、アメリカのハリケーンなどにも耐えられるように耐風性にも優れているため、台風の多い日本でも全く問題がないのです。また、輸入住宅の多くがツーバイフォー工法を採用しているため、『ツーバーフォーとは2インチ×4インチの木材をメインに作られているため、このような呼び方なのです』耐震性や耐久性や防音性、防火性に優れているのです。(ツーバイフォーの魅力はこちら)そのため、輸入住宅は何世代にも渡って住み継ぐことができるのです。

その高い性能が日本でも受け入れられて、日本の規格に合うように大手ハウスメーカーも積極的に取り入れて各社で広まっていきました。
木造で気密断熱、耐震性を得ようとすると、ツーバイフォーが明らかに優れていることは間違いありません。

日本にはないデザイン性とは?

外壁の材質をレンガにしたり、廊下におしゃれなタイルを使ったりと日本にはない材質や色合いを使うことで、欧米風のデザイン性が輸入住宅の魅力となっています。また、海外ではペンキをよく使うため、輸入住宅では内装をペンキで仕上げることも多く、最近では1000種類以上もある色から選ぶことができるため、部屋ごとに特徴を持った風合いの家づくりが可能になります。

それから、輸入家具(特にアンティーク)や輸入クロスなど海外インテリア品との相性が抜群にいいです。
「大好きな家具が引き立つ家」ともいえるかと思います。

素材の質感などを重視した設計とは?

輸入住宅は、大量生産品(工業製品)を多用した効率化重視の工場生産の家の真逆です。
特にフロンヴィルホームズ名古屋では一邸一邸が完全にオーダーメイドの設計で、間取りに制約はありません。
塗料も含めて自然素材にこだわり、現場で手間暇かけて職人さんが手作りしていく温かみのある家です。

階段を1段ずつ作ったり、金物取付まで現場でやるアナログの魅力があります。
住み始めてからも手入れしながら暮らす色褪せない家、フロンヴィルホームズ名古屋でも子と孫に住み継がれた実績が増えてきています。
内外装のリフレッシュ工事やリフォーム工事も容易です。

映画やアニメで観たような暮らしがしたい!

輸入住宅を選ぶ理由として、昔観た『映画やアニメのような暮らしがしたい!』という人が多くいます。どの映画やアニメを観て影響を受けたのかは、時代や背景によって様々ですが、多くは玄関の広い感じや螺旋階段、薪ストーブや煙突、華やかなパーティーやアンティーク家具のある暮らしなど、広さと華やかさをイメージされる場合が多いようです。

風と共に去りぬ

映画で風と共に去りぬを観たことのある人なら、ヒロインのスカーレットオハラが螺旋階段を悠々と降りてくる姿は印象深いのではないでしょうか?この映画がきっかけで、自分も輸入住宅で螺旋階段のある家に住みたいと思った人も多いことと思います。

赤毛のアン

赤毛のアンも根強い人気の映画の一つですね。作家モンゴメリーがカナダを舞台にした少女アンの成長物語です。実写化の映画にもなりました。映画でアンが住んでいた下記のような家に住みたいと思われる人も多いようです。

ホームアローン

クリスマスシーンの映画と言えば、ホームアローンが有名ですね。アメリカのクリスマスパーティーのイメージが
できるかと思います。

テルマエ・ロマエ

古代ローマ時代のお風呂技師である阿部寛が、創意工夫を尽くしたお風呂を作ることで様々な問題を解決していく話です。当時のローマ建築の風景を見ることができます。大理石を使った、豪華なお風呂など素敵でしたね。

アニメ トムソーヤの冒険

トムソーヤの冒険で有名なペンキ塗りのシーンです。アメリカではこのように子供の頃から家のペンキ塗りなどを手伝うことが通常でした。DIYの元祖ですね。当社でも自分の家のペンキ塗りを親子でできることができますよ。

美女と野獣/シンデレラ

ディズニー映画では美女と野獣、シンデレラ等で、大きな螺旋階段が出てきます。大きな階段からドレスを着て降りてくるシーンは優雅で印象的ですよね。

アナと雪の女王

最近流行った映画では、アナと雪の女王です。ここでも螺旋階段が出てきます。
暖炉のシーンも有名なので、ここでは暖炉シーンを取り上げたいと思います。
薪ストーブの前で雪だるまで作られたオラフが溶けてしまうシーンです。アメリカ映画やアニメを見ると暖炉シーンはよく出てきますね。それらを観て暖炉や薪ストーブに憧れ、自分の家に導入したいと思われる人も多いかと思います。

以上、如何でしたでしょうか?輸入住宅の魅力は伝わったでしょうか?輸入住宅といっても、人によってイメージは様々です。あなたがイメージしている輸入住宅についてお聞かせください。きっと満足のいく、あなただけの家ができることと思いますよ。