資料請求

スタッフ紹介

設計/積算

加藤 直幸(カトウ ナオユキ)

Q1. はじめに。自己紹介をお願いします。(趣味や休日の過ごし方なども)

家族と過ごす時間をこよなく愛する、年間走行距離1000kmをなかなか超えられないロードバイク乗りです。最近は、息子とタミヤのウィリー系ラジコンで遊ぶのがブームです。13年目までは工事部でお客様のお手伝いをしてきました。

Q2. 子どもの頃の夢は何でしたか?

あれ?全然覚えてないです。建築学科に進むきっかけが、アントニ・ガウディのサグラダファミリアだったことは覚えています。

Q3. 今行っている業務について。具体的にどんなお仕事をされていますか?

積算業務及びCADオペです。設計士から出て来たラフ図面を元に、MicroGDSやARCHTREND ZEROを使って面積や長さを算出し、建物のお見積りをしています。ネットワーク上のデータや社内パソコンの管理、竣工前撮影などなど。

Q4. 入社・創業の経緯をお教えください。なぜこの業界、会社にしましたか?

就職活動を始めた時期に建築学科棟で社長と(澤田さんに)すれ違った事を覚えています。オーナーが他学科の教授だったことから新卒採用の話に行ったと後日聞きました。建物のデザインと、面接で入った部屋(Aルーム)の居心地の良さに“この会社がいい!”と思いました。(実際、面接後もしばらく居させてもらった。)

Q5. 仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところについてお聞かせください。

仕事のサイクルが早いので決断も早さが求められます。結果的に自分のペースで業務に集中出来るので、いかに効率よく正確なCAD化や見積りをするか考える事かな。A型の性質をいかんなく発揮できるので。

Q6. 印象に残っている仕事のエピソードをお聞かせください。

・いつになったら一人で現場をやるんだ、と当時の部長に指摘された二年目の終わり頃に自信が持てないと答えました。すると、“やらないで自信なんかつくか!そのために上司がいるんだろ!”と(美化され)。居酒屋でのおはなしです。
・上棟式での出来事。現場で焼いたウナギの蒲焼や、勧めれらるままに食べたお赤飯。食べ物にまつわるお話ばかりですが、上棟式はどれも印象的でした。

Q7. あなたが思うフロンヴィルホームズ名古屋の(家づくり)の長所を教えてください。

手作り感があることです。こだわりを形にするには、まずはそれから。

Q8. お客様へ向けてのメッセージをお願いします。

当社で自宅を建てました。床には、子供たちが小さい頃に保育園でもらった投げごまで出来た凹みや、おもちゃで出来たたくさんの傷があります。どれも思い出であり不快なものはありません。いつまでも色褪せません。極上の・・・。