資料請求

木造住宅はSDGsに貢献!

木が盛んにCO2を吸収してくれるのは、若いうちだけ。って皆さんご存知でしたか?

そのため、成熟した木を伐採して、若い木を植えることは、地球温暖化防止にもつながるんです。

地球環境保全のためにも、森林資源を循環させるためにも、

適切な伐採、利用、植林が必要とされています。

先日、農林水産省の林野庁から、

木材は、森林が吸収した炭素を貯蔵しており、国内における木材の主な用途である建築物等において利用を進めることは、

「都市等における第2の森林づくり」として、カーボンニュートラルへの貢献が期待されている。

として、

木造建築推進のため、木造建築にすることで炭素貯蔵量への貢献がどの程度できるのかという計算式が公表されました。

フロンヴィルホームズ名古屋の仕様で建てる、延床35坪の家で、実際に算出してみたところ・・・

炭素貯蔵量はCO2換算で20.8トンでした!!!

SDGsの目標13に関して、フロンヴィルホームズ名古屋ができる具体的な取り組みです。

また、木造を選択されることでお施主様もSDGsに貢献ができます。

数値だけではなく、実際の現場見学で、使用されている材木量も体感していただけます!

ぜひお問い合わせください。

TEL:052-701-8050