資料請求

人生100年時代の家づくりの考え方【50歳代からの家】

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

このブログをお読みの方は現在、どのような年代でしょうか。
また家づくりを検討されているのは、どのような年代の方が多いのでしょうか。


国土交通省が毎年行う「住宅市場動向調査」によると、注文住宅取得世帯の年齢は30歳代が最も多く、全体の4割近くを占めています。次いで40歳代が2割、30歳未満と50歳代はそれぞれ1割程度にとどまります。一方、60歳以上でも2割近くが注文住宅を取得しており、これは建て替えによることが多いようです。
(分譲住宅は30歳代が5割、中古住宅は30歳代が3割)


30歳代の取得が多いのは、結婚して子どもが生まれたり、収入が安定してきたりという理由のほか、35年ローンを定年までに完済するためということもあるでしょう。
こうした年代のお客様に合わせ、私たちは、長い目で見たご家族の状況やライフプランに適した提案を大切にしています



ただ、人生100年時代ともいわれる通り、住居が必要な年数は長期化しています。
またお子さんが独立後、一緒に住まなくなることも多い昨今の社会情勢を考えると、ご夫婦2人のように、少人数で暮らす時間はますます長くなることが考えられます。


そうした時代だからこそ私たちは、「人生の後半を過ごすための家づくり」も大切だと考えています。


例えば
ご夫婦がシンプルな暮らしを送ることができる平屋。
バリアフリーな間取りや、ゆっくりと趣味を楽しむ家。


こうした家は決して多くの部屋は必要なく、比較的小さな面積、限られたコストでも建築が可能です。
価格によっては35年ローンを組まなくても、家づくりはできます。
もし仮に30歳代、40歳代で家を持たなかったとしても、50歳代から理想の暮らしを実現するのは決して遅くはありません。




年代によりライフスタイルや家族のかたち、家に求めるものは変化します。
豊かな人生を謳歌するための50歳代からのミニマムな家づくり
豊富な実例をもとに、フロンヴィルホームズ名古屋がご提案します。