資料請求

継承されるアメリカンスタイルの考え方

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

前回まで、これぞアメリカンスタイルという私たちの本社ショールームをご紹介してきました。今回は、現代まで継承されるアメリカンスタイルとしての考え方について、お伝えしたいと思います。

5-1

戦争により多くの家が失われてしまった日本では、戦前と戦後で住宅を取り巻く環境が変わってしまいました。数を求めた住宅供給、新建材の採用によるシックハウスの問題もありました。ただ、そこにある基本的な考え方については、実はあまり変わっていません。「お客さまを招き入れる家」というのが日本の住宅なのです。これは武家の考え方が元になっていて、床の間もその名残。応接室や和室もその考え方に基づいています。

一方、アメリカの家。考え方の基本は「家族が楽しむ家」なんです。まずは自分たちがとことん楽しめる家をつくろうというのが、アメリカの家に対する考え方。だから、機能的でありながら暮らしに寄り添うデザインが多いんですね。

まずは自分たちが楽しむ。わかりやすいです。でも、それって単なる自分本位な志向ではないと私たちは考えています。住む人が楽しんでいない家は魅力的じゃない。自分が招かれる立場であっても、住む人が楽しんでいる家は、人も建物も魅力的に見えますよね!

5-2 5-3

最近では、日本の家も様々な発想や志向で建てられることが多くなっています。ただ、それは洋風化の流れの中にあるもの。私たちは北米の住宅の素晴らしさを日本に広めたい、そんな想いからスタートした会社です。だからこそ、より純粋に家族が楽しむ家を追い求めることができるのだと思います。もちろん、お客さまのこだわりを実現するため、柔軟に日本の家の良さを取り入れることができるのも私たちの家です。

アメリカンスタイルの考え方を継承する。日本でその想いを実現することこそ、フロンヴィルホームズ名古屋の役割だと考えているのです。