資料請求

社長コラム 第一回「最古の輸入住宅」

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

今月から定期的に、当社社長黒川によるコラムを掲載します。

輸入住宅の歴史やスタイル、日本における住宅建築の変遷など、豊富な知識を下にわかりやすく解説しています。

歴史に触れ、変わることのない思想と人々の知恵による進化を知ることも、現在の家づくりの楽しみ方かもしれませんね。

「最古の輸入住宅」

1850年に開国した江戸幕府は、1858年に横浜・長崎・函館を開港。

それに伴い、オランダ・イギリスなどの国からさまざまな人が来日し、「居留区」に住宅を建てました。

1863年、長崎に建てられた「グラバー邸」は、現存するわが国最古の木造洋風住宅です。

トーマス・ブレーク・グラバーはスコットランド出身の武器商人で、アヘン戦争で大もうけをしたジャーディン・マセソン商会の長崎代理人としてグラバー商会を設立しました。当初は茶の輸出を主な業務としていましたが、その後、銃を大量に販売し倒幕を実現させた陰の功労者でもあるのです。

Glover House (グラバー邸) in Nagasaki, Japan

グラバー邸は「ベランダ・コロニアル・スタイル」といわれ、広いベランダが特徴の住宅。イギリス人がインドで暮らすとき、強い日差しを防ぐため軒を深くして広いベランダを作ったのがルーツです。

このスタイルは香港、上海でも見られ、その後長崎などに渡ってきたと考えられています。日本においても1897年ころまで各地に建てられましたが、イギリス人建築家A.Nハンセルの登場以降、このスタイルを設計する建築家が途絶えてしまったのです。

グラバー邸は、グラバーの書いた簡単な間取り図を基に、小山秀が請け負って建てたといわれています。和風小屋組みで、梁や束などの木材は民家の転用材を使用。日本の職人が、日本の材料を使い、極力洋風に作られた建物だといえるでしょう。

同じころ、薩摩藩最後の藩主島津忠義がイギリスから紡績機械を輸入して、日本初の洋式紡績所を設けました。その技術指導を受けるために招いたイギリス人技師ら7人の宿舎として1867年に建てられた技師館。

こちらもイギリスで設計され日本の尺寸の技術で建てられたベランダコロニアル様式の建物だったのです。

旧鹿児島紡績所技師館

「資材またはパッケージで輸入し国内に建築する」という定義づけされた輸入住宅ではなく、「海外の設計思想とデザイン・工法による住宅を国内に建築する」という、本当の意味での輸入住宅が、この日本にはまだまだ残っているのです。