次世代木材CLT 加工動画 名古屋の店舗建築

フロンヴィルホームズ名古屋では、次世代の木材CLTを初導入したツーバイフォー工法の

建物を建築中です。

CLTとはCross Laminated Timberの略称で、ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料です。厚みのある大きな板であり、建築の構造材の他、土木用材、家具などにも使用されています。CLTは1995年頃から欧米でCLTを使った高層建築が建てられるなど、近年になり各国で急速な伸びを見せています。特に、木材特有の断熱性と壁式構造の特性をいかして戸建て住宅の他、中層建築物の共同住宅、高齢者福祉施設の居住部分、ホテルの客室などに用いられています。【日本CLT協会HPより】

そのCLTを加工している工場に視察してきました。

加工の様子を動画にてご紹介します。

CLT加工工場を視察

仕口の加工、ビスの下穴開けなど、コンピューターラインで進行する様子は圧巻です。

 

仕上がったCLT材がこのように現場に運ばれ、現場で大工によって組み立てられました。

今回の施工の取り組みは東海地区では珍しく、各種メディアニュースで紹介されました。

msnニュース

新建ハウジング