資料請求

冬の明治村で伝統的な欧米の建築物に触れる

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

愛知県犬山市にある博物館「明治村」には行かれたことがあるでしょうか。

伝統的な木造建築、欧米の様式・技術を取り入れた価値ある文化財が保存されている、素敵な場所ですよね。

フロンヴィルホームズ名古屋の家を建てたオーナー様の中にも、お好きな方が多いこの明治村。

明治村の建物が好きで、「同じような雰囲気の家を」とお考えになったのをきっかけにして当社を知り、実際に同様のスタイルの家を本格的に建てられる会社として、ご依頼をいただいたオーナー様は何人もいらっしゃいます。

明治になり、「外国との不平等条約の改正のためには、日本が物心ともに欧化する必要がある」と考えた井上馨外務卿らは、上流階級の風俗・習慣が欧風化されなければならないとして、立派な洋館が必要だと考えました。その時に招聘されたのが、政府関連の建物の設計を手掛けることになるイギリスの建築家、ジョサイア・コンドルです。

「鹿鳴館」を設計したのもこのジョサイア・コンドルでした。

ルネッサンス風の2階建て、バルコニー付の建物で、明治16年(1883年)に建てられた鹿鳴館でしたが、華やかな時代は長く続かず、その目的を果たすことができないまま、表舞台から姿を消したのでした。時は流れ、閉鎖されたままであった鹿鳴館は民間会社の手にわたり、昭和15年(1940年)解体されることになります。

華やかな外交の舞台であったこの鹿鳴館の解体を目の当たりにし、当時、無念さを感じたのが建築家の谷口吉郎(東京工業大学元教授)でした。そして、東宮御所や帝国劇場の設計者であるこの谷口氏と同窓生だったのが、名古屋鉄道元社長の土川元夫氏です。

西洋人が設計して、緻密な作業を得意とする日本の職人が作った、明治時代の貴重な木造建築を、「何とか保存できないものだろうか」と谷口氏から土川氏に持ちかけたのが、博物館明治村のはじまりだったのです。

明治村では、三重県庁舎 彩の間で鹿鳴館の雰囲気を味わうことができます。

冬の澄んだ空気、やわらかな日差しの中、明治から昭和にかけての名建築、歴史に触れてみるのはいかがでしょうか。

2019年114日までの土日祝は、冬恒例のイルミネーションイベントきらめき明治村も開催されています。

明治村