資料請求

スタッフ紹介:カスタマーサービス 小林幸隆

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

今月はカスタマーサービス、小林へのインタビューをご紹介します。

5-1

‐自己紹介をお願いします。

カスタマーサービスの小林です。

休日は家でぶらぶらしており、たまに工作や家の周りのメンテナンスをしています(最近はあまりしていませんが)。

あまり趣味が無いので今後を心配しています…。

‐子どもの頃の夢は何でしたか?

叔父が大工で、よく現場に遊びに行っていたこともあり、なんとなく物づくりに興味を持っていました。

建築とは決めていませんでしたが、いずれは物づくりに携わりたいと考えていましたね。

‐今、行っている業務について教えてください。

アフターメンテナンスリフォームリフレッシュなどの営業や工事を担当しています。

‐入社・創業の経緯をお教えください。なぜこの業界、会社にしましたか?

フロンヴィルホームズ名古屋の前身である、黒川建築工房の時代から働いています。

黒川建築工房には、相談役の故黒川益次さんとマネージャーの太田さんに誘われて入社しました。

黒川益次さんに誘われとき、実は「自信がない」と一度断ったんです。

そしたら「自信のある人、完成された人はいらない」と。

その言葉で、一度は断ったこの会社に入社することを決めました。

-仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところについてお聞かせください。

出来上がりを予想、想像しながら、自分が思うシンプルできれいなディティール図を描くこと、そして仕上がりを見ることが好きです。

‐印象に残っている仕事のエピソードをお聞かせください。

お客様と現場打ち合わせをしているときの会話で、「この人とは感性が合うな」と思ったとき、とてもうれしくなったのを覚えています。

-あなたが思うフロンヴィルホームズ名古屋の(家づくり)の長所を教えてください。

使う部品部材が既製の物であっても、一つ一つ現場で人が作るというこだわりです。

-お客様へ向けてのメッセージをお願いします。

家は人の手で作ったものです。

どんな風に使っても、元に戻すことも、また変更することもできます。

好きなように住んでほしいと思います(お金はかかりますが…)。

5-2

5-3

写真は、最近日曜大工で作った七輪の入るBBQテーブルです。

キャンプ用簡易テーブルの脚を使って収納可能にしました。補助テーブルも同じです。