アメリカ北西部、ポートランド・シアトルのお話

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

オレゴン州ポートランド。

アメリカで住みたい街ナンバー1とも言われているここには、フロンヴィルホームズ名古屋専属のバイヤーがいました。

3-1

北米の住宅建築の思想を大切にして始まった当社の歴史ですが、情報を入手したり、建材の仕入れを円滑に行うために、現地側に専属のパートナーがいることはとても大切。

25年以上もの間、パートナーであるCoryは、日本で本物志向の家を建てるため、アメリカでより良い資材を求めて奮闘してくれました。

今でこそ、日本にいながら最適な仕入れができるようになりましたが、まだ商流が発達していなかった時期から、良質な建材を使い、北米思想の質の高い家を建ててこられたのも、彼の存在があったからだと考えています。

彼のいたポートランドは、調達の最前線であるのと同時に、北米の物流の拠点でもあります。

伐採され、加工された木材は、この港町から船で世界中に運ばれています。

そうした物流の拠点はポートランドの近くにもう一か所。それがシアトルです。

アメリカ西海岸有数の都市であるシアトルもまた、古くから貿易で栄えた物流の拠点

森林資源も豊富で、木材工業などが発展してきました。

最近ではスターバックスやボーイングといった、世界的な企業が誕生した場所としても知られています。

フロンヴィルホームズ名古屋のある愛知県とは、航空産業で深い関わりがあるのがこの街。

ボーイング787には日本のメーカー、特に愛知県で生産された部品が多く使われており、船や航空機で、シアトルに向けて出荷されています。

さらに中部国際空港は、シアトル・タコマ国際空港と友好関係を結んでいて、昨年10月にはシアトルの街の雰囲気を再現した商業施設「FLIGHT OF DREAMS」をオープンしました。

ここはなんと、屋内にボーイング787初号機を展示する施設

ボーイングの工場が体験できる空間や、プロジェクションマッピングを使ったショーなどもあり、家族で楽しめるおすすめの新スポットです。

3-2

北米の資材を使い、日本で家を建てる。

日本の部品を使い、北米で航空機を組み立てる。

モノづくりを通して結ばれた絆に、私たちは身近な場所で触れることができます。

最後にもう一つ、身近に触れられる北米の情報を。

フロンヴィルホームズ名古屋本社の近所には、チーズケーキ専門店「Sweet of Oregon本店があります。

このお店のチーズケーキは、オーナーパティシエがオレゴン州で出会ったチーズケーキ名人の秘伝のレシピをもとに作られています。

名古屋にいながらオレゴン州の味と雰囲気が楽しめるお店、ぜひ!