輸入住宅や店舗・医院の設計建築を行うフロンヴィルホームズ名古屋「お知らせ・コラム」ページ

NEWS お知らせ・コラム

2023.11.22

家づくりコラム

オーダーキッチンの家/完全オーダーの輸入住宅は、キッチンも世界に一つだけのオリジナル

人を招きたくなるキッチン

素敵なキッチンって、人を招きたくなると思いませんか?友人の家を訪れたとき、おしゃれなキッチンに思わず見とれてしまうことはありませんか?日常生活を送る上で欠かせないキッチンは、使いやすく、機能的であることが大切。でもそれだけじゃない。オーダーメイドだからこそできる、思わず人を呼びたくなるような魅力的なキッチンの数々、ご紹介します。

あえてセミクローズなカフェ風


ダイニングとキッチンの間に木の梁と柱、ガラスをはめて、あえてセミクローズのキッチン空間に。レンガと明るい木の色、広い作業台で、まるでカフェのようなスタイルです。

コミュニケーションのとりやすいフルオープン



キッチンと食卓の間に仕切りを設けず、フルオープンの開放的な空間に。キッチンと床、テーブル、椅子をトータルコーディネートすることで、お店の雰囲気に近づきます。

斜めに配置して、人も景色も視界に


ダイニングとリビングが見渡せ、友人たちとのパーティが盛り上がりそうです。お料理しながら、窓の外の景色を楽しむこともできますよ!

フロンヴィルホームズ名古屋の家のキッチンは、オーダーメイドが基本。お客様それぞれのこだわりを伺った上で、設計士がデザインや仕様を提案します。ライフスタイルを反映させたり、見て楽しいキッチンにしたり。毎日使う場所であり、人を招きたくもなるキッチン。ぜひ、あなただけのこだわりのキッチンを手に入れてください。

こだわりキッチンの実例紹介



かつて長久手にあった当社モデルハウス「ファーリントン」に魅了されたというT様は、そのモデルハウスの外壁仕様と同様に、グレーの板張りの家を建てられました。フロントガーデンの30メートル奥に建つ雰囲気のあるその佇まいは、道行く人が立ち止まり見物することもあるそうです。


スペースのゆとり

大切にしたのはスペースのゆとり。玄関ホールの先に開ける吹抜けのリビングは、特に冬の朝に天窓から差す陽光が美しいようで、暮らし始めて数年経った後でも「後ろ髪を引かれる思いで仕事に出掛けます」「何度も玄関から部屋に戻っては見入ってしまって、遅刻しそうになったこともあります」とT様。暖炉に貼られた石材などのさりげないインテリアも、別荘にいるかのように時間の流れをゆったりと感じさせます。

洋だけれど、その中に和を取り入れたかった



キッチンには「内藤商店」のたわし、「有次」の大根おろし、かつお節削り、伊賀焼の鍋など、日本の伝統を感じる本格的な道具が並び、冬は和室に移動してコタツ生活を送るT様。和のライフスタイルを徹底しているT様ですが、和風住宅を建てる気はなかったと言います。「洋だけれど、その中に和を取り入れたかった」輸入住宅の要素を和室にも生かしたファーリントンの雰囲気は、T様がイメージする本物志向の家にもぴったりだったようです。

ご自身が惹かれた家からインスピレーションを得て、より理想の家に近づくようこだわりやアイデアを加えていく。さまざまな経験や思いから、フロンヴィルホームズ名古屋の魅力が詰まったモデルハウスは、そんな家づくりにも大いに役立つことでしょう。