スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

インテリアデザインのテーマと投票!

その他 2015.12.15

着工から一か月。

名古屋市千種区「セレクトハウス城木町」では

壁、天井、屋根を組んでいる迫力満点の工程です。

フレーミング (1)

 

 

さて、この家の

インテリアデザインのテーマは・・・

 

chic+cool +cozy 

シックでクールでコージー:居心地のよい小さな家。

 

無垢の木、アイアン、石など、味わいある素材に囲まれて。

パリの都市型アパルトマンにありそうな暮らしのイメージ。

 

 

 

ここで一つ、皆様の人気投票で洗面の仕上げを決めたいと思います。

A:陶器、壁掛け型洗面器

カウンター一体型洗面器
B:人工大理石、カウンター

アンダーカウンター洗面器③

 

フェイスブック上で、良いと思われる写真に、いいね!をクリック、

もしくは、フェイスブック記事のコメント欄や

このブログのコメント欄に、お好きな仕上げをご記入してください。

 

さあ、投票は12月18日(金)正午〆切です。

 

≫≫≫≫地図

 

初上陸 in 金沢 (女性ブログ)

女性ブログ(F*staff ) 2015.11.26

女性ブログ更新しました。
IMG_1494

F*staff blog

ツーバイフォーは日本の風土に合わない?

太田の家づくり論 2015.11.23

「ツーバイフォーは日本の風土に合わない? 」
 
 komaki
ツーバイフォー工法が増え始めたころ、ツーバイフォーはアメリカの工法なので、高温多湿の日本の風土に合わない
とよく言われました。所詮夏を旨とした住宅でないといけないということなのでしょうか。
そもそも日本の風土とは何でしょうか。
たしかに関東から関西にかけては高温多湿ですが、東北や北海道ではそんなはずないでしょうし、中国・四国・九州
でもそれぞれ違った気候風土があるはずです。
日本の風土と一言で言ってしまうこと自体が間違いなんです。風土を培う要員は緯度にあると考えれば、日本はアメ
リカにすっぽり納まってしまいますし、国土の面積は25倍(カナダも含めると50倍)もあるわけで、全体的に見
れば日本よりもはるかに厳しい気候条件であることは容易に想像できるはずです。
 
風土に合わせる、ということは雪の多い地域、風の強い地域、とにかく暑い地域、それぞれに合わせて急勾配屋根や
雪の重みや強風に耐えられるようにしたり、通風をよく断熱性能を上げたりと、工法とは別次元の問題なんです。
「ツーバイフォーは日本の風土に合うのでしょうか?」と聞かれるたびに、またたわ言に付き合わなきゃと思いつつ
神戸の異人館に代表される古くからのツーバイフォー工法の住宅が戦前から建っていることや、あらためてアメリカ
やカナダがう~~と広いこと、むこうでは100年前の住宅をリフォームして住むのなんて当たり前なくらい丈夫な
んです、なんて熱弁をふるっているわけであります。

 

 

太田(太田の家づくり論

香嵐渓(女性ブログ)

女性ブログ(F*staff ) 2015.11.20

女性ブログ更新しました。
ko

F*staff blog

プレゼンテーション

社長日記 2015.11.14

p

 

アイパッドが登場してから、アイパッドでプレゼンテーションをされる機会が増えてきています。

確かに便利なツールで、新しい情報がすぐに更新でき、情報量も紙媒体とは比べようもありません。

当社でも設計・インテリアで便利に利用しています。

 

しばらく前のこと、名古屋の繁華街である錦を歩いていると、飲食店の客引きがアイパッドをつかっているのを見て、ここまで来たのかと思いました。

 

ところが、先日同じような場所で、飲食店の客引きに出会うと、今度はなんと「パンフレット」をファイルにいれて見せているではありませんか!!

 

これにはビックリすると同時に、考えさせられました。

使う側にとって便利そうでも、見る側からは見にくかったのだろうと想像します。

 

いつも繁華街に行くわけではないのですが、たまには行ってみると面白い発見がありますね。

 

黒川(社長日記

 

 

ソフィ・カル展 (女性ブログ)

女性ブログ(F*staff ) 2015.11.13

女性ブログ更新しました。

sophiecalle

F*staff blog

45 / 51«..4344454647..»
  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ