公式ブログ

HOME > 公式ブログ

フロンヴィルホームズ名古屋で建てる特別な平屋のお家

2019.02.28

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

北米の住宅にも平屋は多くありますが、日本でも敷地面積に余裕があれば平屋を建てたいという方は多くいらっしゃいます。

もちろん、お住まいになる人数次第では、限られた敷地内に建てるコンパクトな平屋という選択もあります。

 

8-1

 

広々とした開放的な雰囲気、階段がないことによる移動のしやすさ、家族のコミュニケーションがとりやすいことなど、平屋の魅力はたくさんあります。

一方、平屋だからこそ気を付けたいポイントも。

収納スペースの確保や家事動線、バスルームやトイレの位置など、間取りは慎重に考える必要があるでしょう。

 

8-2

 

8-3

 

フロンヴィルホームズ名古屋では、平屋の施工実績も多数あります。

これまでの経験から、平屋をご要望のお客様にも最適な提案が可能です。

大府にあるベルアッシュは、デザインテイストや大きさの異なる2棟が融合したモデルハウス。
1階部分が18坪の小さな方の建物は、純粋な平屋ではないものの、平屋の暮らしもイメージしていただける間取りです。

 

ライフスタイルや家族のあり方が変化する中、ますます注目されつつある平屋

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

8-4

 

3月には、刈谷市に完成したばかりの真新しい平屋住宅で見学会を行います。

詳細は別途、ご案内させていただきます。

 

フロンヴィルホームズが大切にする「本物」の家づくり

そこに住む家族が楽しむことや、住み心地の良さを第一に考えた北米の住宅思想は、平屋で実現させることもできます。

愛・地球博記念公園にある洋館付き住宅といえば

2019.02.26

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

2025年大阪での万博開催が決まりました。

世界中で開催される「国際博覧会」ですが、大規模なものは登録博(以前は一般博)と区分されていて、2025年の大阪万博(大阪国際博覧会)もこの登録博に位置付けられるようです。  
前回の登録博は2015年のミラノ国際博覧会、その前が2010年の上海国際博覧会。その前に開催されたのが、2005年の愛知万博「愛・地球博」です。
長久手会場跡地には、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)ができました。 その中に、住宅建築の歴史に触れることができる建物があります。    

 

7-1

 

洋館付き住宅(文化住宅)

洋館付き住宅は、日本家屋に一間の洋館が付いた住宅のことを指します。玄関の脇に急勾配の三角屋根の洋間があり、主にここは応接室や書斎として使われていました。一方、中廊下をはさんで縁側に面した和室の続き間がつくられた、完全に和洋折衷の建物と言えます。  

大正時代から昭和初期にかけ、当時の中流層の人々の住宅として洋館付き住宅は建てられました(明治時代には、一部の華族・資本家が、日本家屋と西洋館を廊下でつないだ洋館・和館並列住宅を建てていました)。

 

7-2

 

7-3

 

第一次世界大戦による好景気は物価の高騰を招き、労働者、中流層の生活を圧迫します。政治や社会に矛盾を感じた人々は、さまざまな面で社会運動したり、主義主張をすることになりました。
いわゆる「大正デモクラシー」です。 こういった時代の流れの中で、女性の住まいへの関心の高まり、和洋折衷のライフスタイルが拡大したこと、都心部から郊外に鉄道網が普及したことが相まって、多くの洋館付き住宅が建てられました。

 

 愛・地球博記念公園には、映画『となりのトトロ』に出てくるサツキとメイの家があります。

 

7-4

 

この家がまさに、洋館付き住宅
映画の世界に入り込むもよし、当時の人々の暮らしに思いを馳せるもよし、あらゆる世代の方が楽しむことのできる場所ではないでしょうか。  

 

愛知県はじめ、東海地方の方にとっては、メジャーな場所ですが、大阪万博が決まったこともあり、また住宅建築の歴史に触れるという面からも、改めて注目したいスポットとして、紹介させていただきました。  

 

2022年度には、愛・地球博記念公園内に「ジブリパーク」が開業するそうです。 ジブリ映画に出てきた素敵な建物の数々を見ることができそう。今からワクワクします!

名古屋市名東区の土地情報もお待ちしています!

2019.02.21

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

新築を検討されている方にとって、家づくりと同じくらい重要なのが土地です。

もちろん、既に土地をお持ちの方や、目当ての土地がある方は問題ありませんが、土地探しが必要な方も多くいらっしゃいます。

ただ、いきなり不動産屋を訪問するのはハードルが高いと感じる方も少なくありません。

また、土地を持っていないと相手にされないのではと、ハウスメーカーに対して不安感をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

新たに土地を探して家を建てたいという方はぜひ、建物の検討土地探し同時に進めてほしいと思います。

土地購入を先行させると、建物を含めたトータルコストはわかりづらくなります。

また購入した土地が大きすぎて建物にお金がかけられないこともあります。

逆に、中途半端な土地を買ってしまい、理想とする家が建たないことも…。

 

予算がある中で土地と建物を手に入れるためには、同時に検討を進めることが重要です。

フロンヴィルホームズ名古屋では、土地探し中の方のお手伝いも積極的に行っています。

お客様の望む暮らし、理想の建物を把握した上で、それに合った土地を探すのも私たちの大切な仕事です。

 

もちろん、まずは建物を気に入っていただくことが第一。

フロンヴィルホームズ名古屋の建てる家が気になる、ここで家づくりを検討したい、という方はぜひ、土地についてもご相談ください。

 

また現在、本社ショールームがある名東区エリアの土地情報を求めています。

名古屋市中心部へのアクセスがよく、落ち着いた環境で子育て世代にも最適な名東区は非常に人気があるエリア。

フロンヴィルホームズ名古屋の家が多数あるエリアでもあり、名東区の土地を探しているお客様も多くいらっしゃいます。

 

名東区で土地や既存住宅の売却などを検討されている方、ぜひ一度ご相談ください。

フロンヴィルホームズ名古屋は、建築のみならず不動産も任せられるパートナーでありたいと考えています。

 

お問い合わせ先

MAIL:info@fhn.co.jp 

TEL:052-701-8050

 

緑の芝生の上にたくさんの家が置いてあるビジネスシーン

 

モデルハウス・ファーリントンに見る、歳月を経た家の魅力

2019.02.19

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

長久手にある私たちのモデルハウスファーリントンは築18年の建物。

フロンヴィルホームズ名古屋が大切にする、さまざまな輸入住宅の要素をふんだんに取り入れた建物です。

 

5-1

 

ファーリントンを訪れたことで当社での家づくりを決めた方、ファーリントンのスタイルやデザインを家づくりの際に参考にされた方は多くいらっしゃいます。

フロンヴィルホームズ名古屋“らしさを味わうことができるここ、ぜひ一度お越しください。

 

5-2

 

実はファーリントンは、20年近い年月の中でその風合いを変化させてきました。

 

インテリアは元々、シャープな雰囲気のモダンな印象の家具が中心でしたが、今は床や壁と共にアール状のデザインを中心に取り入れています。

 

5-3

 

元々板張りだった外壁は、漆喰に。

アンティークレンガと漆喰の素材感は、家の印象をやさしく落ち着いたものにしてくれました。外壁は一部、板張りの部分も残されており、年月を経た家の味わいも見ることができます。

 

5-4

 

人が住み、時が流れることで、家は変化するものです。

新たに手を加えて、雰囲気を高めることもできれば、自然な変化によるいわゆる経年美化もあります。

 

5-5

 

親から子へ住み継がれることも多い私たちの家。

住み継げる家であることは、フロンヴィルホームズ名古屋の家の大きな魅力です。

年月をかけても色褪せることはなく、家が育っていくこと。

手をかけたり、自然に身を任せたり、まるで生きているように成長するのが私たちの家です。

 

長く住み続けられる家をお考えの方、歳月を重ねたファーリントンの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

人を招きたくなるキッチン

2019.02.14

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

素敵なキッチンって、人を招きたくなると思いませんか?

友人の家を訪れたとき、おしゃれなキッチンに思わず見とれてしまうことはありませんか?

 

日常生活を送る上で欠かせないキッチンは、使いやすく、機能的であることが大切。

でもそれだけじゃない。

オーダーメイドだからこそできる、思わず人を呼びたくなるような魅力的なキッチンの数々、ご紹介します。

 

 あえてセミクローズなカフェ風

ダイニングとキッチンの間に木の梁と柱、ガラスをはめて、あえてセミクローズのキッチン空間に。レンガと明るい木の色、広い作業台で、まるでカフェのようなスタイルです。

 

4-1

 

4-2

 

 コミュニケーションのとりやすいフルオープン

キッチンと食卓の間に仕切りを設けず、フルオープンの開放的な空間に。キッチンと床、テーブル、椅子をトータルコーディネートすることで、お店の雰囲気に近づきます。

 

4-3

 

4-4

 

● 斜めに配置して、人も景色も視界に

長久手のモデルハウス、ファーリントンのキッチンは斜めに配置されています。ダイニングとリビングが見渡せ、友人たちとのパーティが盛り上がりそうです。お料理しながら、窓の外の景色を楽しむこともできますよ!

 

4-5

 

4-6

 

フロンヴィルホームズ名古屋の家のキッチンは、オーダーメイドが基本。

お客様それぞれのこだわりを伺った上で、設計士がデザインや仕様を提案します。

ライフスタイルを反映させたり、見て楽しいキッチンにしたり。

毎日使う場所であり、人を招きたくもなるキッチン。

ぜひ、あなただけのこだわりのキッチンを手に入れてください。

 

 

下記ページからキッチンの施工事例をご覧いただくことができます。

 

https://fhn.co.jp/tax-gallery02/gall02/#gallery

完成見学会のお知らせ「愛犬と暮らす、二世帯の家」名古屋市緑区

2019.02.12

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

2月17日、名古屋市緑区完成見学会を開催します!

今回の家は二世帯住宅

愛犬家のお施主様のため、愛犬と暮らすための楽しい仕掛けが満載の建物です。

 

仮3-1

 

二世帯住宅にもさまざまな形態がありますが、こちらは完全に二世帯が分離した間取り。

親世帯はクラシカルな内装、子世帯は北欧テイストと、デザインもそれぞれの好みを取り入れています。

親世帯はエレベータ付きの完全バリアフリー仕様。

天体望遠鏡で星空を見る部屋やゴルフの練習スペースなど、趣味を存分に楽しむための空間も設けました。

子世帯はキッズスペースや本棚収納など、家族の暮らしを豊かにするポイントを多数取り入れています。

 

そして、この家の特徴は愛犬のための専用部屋が用意されていること。

もちろん、ドッグドアも完備しています。

敷地内には、専用部屋とは別に犬が自由に遊べる空間もあり、まさに愛犬と一緒に「暮らす」家と言えるでしょう。

 

ご興味のある方はぜひ、この機会に見学会会場にお越しください。

 

【愛犬と暮らす、二世帯の家】

日時:217日(日)10:0016:00

場所:名古屋市緑区

https://fhn.co.jp/page-event/midorikukengakukai/

 

ご予約の方には特典があります。

参加ご希望の方はこちらからお申込みください。

http://fhn.co.jp/reserve/

部屋の中の光景全てが絵になる家 多治見市N様邸

2019.02.07

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

今回紹介するのは、岐阜県多治見市にあるN様邸。

N様は当社の存在を知る前、ハウスメーカーの建てる家には全くと言っていいほど、期待していませんでした。

「新築した家を見て『こんなもんか』と思うのが嫌でした。だったら、中古でも建売でもアパートでもいい」

そんな風に考えていたそうです。

そして、多治見市内にある当社が建てた家を発見します。

「宝物を探し当てた気分でした」

そのときの心境を語るN様。その後、外観を見て素敵だと感じる家は全て、フロンヴィルホームズ名古屋の家だったようです。

 

インテリアには、N様のこだわりが随所に見られます。

 

2-1

 

リビングにはスタイリッシュなマントルピースに、壁に掛けられたたくさんのアート作品。

 

2-3

 

壁は、新築から数年後、リフレッシュペイントを行いました。

黒いタイルを貼ったシックなダイニングキッチンには、アンティークの机と椅子が並びます。

 

2-2

 

2-4

 

訪れた人が最初に目にする玄関のドアは、「Black of Night」と呼ばれる色。大理石と白いタイルを貼り合わせた床と相まって、精悍な印象です。

 

「~越しの~~が素敵になるようにしてください」

プランの際、設計担当者に要望されたN様。

ご要望の通り、お部屋の中はどこを切り取っても素敵な光景が広がります。

「こんな風に『いい!』と思えるとは、想像もしていなかったです」

そう語るN様は普段、家の中をほれぼれとした表情で眺めているそうです。

 

2-5

 

2-6

 

それらしい家ではなく「それ」がよかった。

メーカーの家に全く期待していなかったN様がフロンヴィルホームズ名古屋を選んだ理由は、私たちの家、家づくりに「本物」を感じていただいたのだと思います。

 

これからも何十年、素敵なインテリアの光景は色褪せず、そこにあり続けることでしょう。

 

2-7

フロンヴィルホームズ名古屋のリノベーション

2019.02.05

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

住む人の憧れ、こだわりを実現する輸入注文住宅を専門とするフロンヴィルホームズ名古屋ですが、リノベーションを手がけることもあります。

 

リノベーションの良いところはもちろん、それがマンションであろうと、築数十年の家であろうと、既にある家を自分好みに変化させられること。

中古住宅を購入してのリノベーション、古い家に住み続けるためのリノベーションなど、理想の暮らしを手に入れるため、さまざまなご要望にお応えします。

 

1-1

 

今回ご紹介するのは、全面リノベーションした在来工法の平屋住宅

今ではツーバイフォー専門のフロンヴィルホームズ名古屋ですが、前身の黒川建築工房では、在来工法の住宅を建てていました。

この家は、黒川建築工房時代に建てた家、つまり30年以上が経過した家です。

それ以来のお付き合いとなるオーナー様がこの度、お子さん夫婦と一緒に住むことになったのを機に、リノベーションを検討されました。

 

1-2

 

建て替えも考えたそうですが、工期が短く、住み慣れた場所を離れる期間が短くて済むことでリノベーションを決断。

建物の躯体がしっかりとしていたことも幸いしました。

 

1-3

 

構造は変えないため、間取り変更にあたっては、一部の柱を外します。

リビング部分は一部増築。増築部分も在来工法としました。

断熱材やサッシ、内装、床、水まわりは全て変更し、真新しい家が完成。

工期は3カ月ほどです。

 

1-4

 

このように大がかりなリノベーションともなると、家を建てるのとそれほど変わらない費用がかかることもあります。

それでも「住み続けたい」「この家を残したい」という思いもあるから、建て替えではなくリノベーションという選択肢があるのでしょう。

 

1-5

 

長く住める家を建てることは、家族や暮らし方の変化、さまざまな状況の変化にも対応できるということです。

 

黒川建築工房時代からフロンヴィルホームズ名古屋には、質が良くて長く住める本物志向の住宅を建てるという思想が受け継がれました。

当時建てられた家を私たちがリノベーションしたことは、「住み継ぐ家」を具現化した一つの例のようにも思えるのです。

  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ