構造・耐震

HOME > 構造・耐震

地震に強い2x4工法

当社の構造体は木造・ツーバイフォー(2×4)工法です。線で家の骨組みをつくる在来工法(=軸組工法)に対し、ツーバイフォー工法(=枠組壁工法)では、面で家をカタチづくります。 ツーバイフォーの高い耐震性、耐火性は各地の震災で立証されています。

頑強な構造体

建物の強度を決める要素として、使用する構造材の樹種、ピッチ(間隔)などが挙げられます。

樹種

当社では、構造材にエスピーエフ(SPF)とダグラスファー(ベイマツ)(D-Fir)が選択可能です。SPFは国内の2×4住宅で一般的に使用される樹種、D-Fir はさらに高耐久・高強度の樹種です。
※D-Firは非常に堅牢な材で、2×4の構造材としては最高の材といわれています。その堅牢さゆえ、D-Firを扱うには大工の技術やノウハウが必要です。永年2×4住宅をつくってきた当社はその両方を持ち合わせています。

407ピッチ

ツーバイフォー工法は日本の在来軸組工法の約1.8倍以上の木材を使用します。さらに、輸入ツーバイフォー工法と日本のツーバイフォー工法には大きな違いがあります。北米のツーバイフォーはスタッド(間柱)の間隔がフィートインチモジュール(407ミリピッチ)であるのに対し、日本は尺モジュール(455ミリピッチ)です。フィートインチモジュールでは尺モジュールに比べて1割程多く構造材が入るので、構造強度にも影響してきます。

耐震等級3相当の家

建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示での耐震等級があります。最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1、続いて等級2、等級3と3段階の耐震等級が設けられています。

省令準耐火構造の家

2×4工法は火災に強く省令準耐火構造に分類されます。

愛知県に2,500万円で新築住宅を建て、20年で一括払いしたとした場合の火災保険料について

※保険料は、地域や保険会社によって異なりますので、詳細は保険会社などにご確認ください。
  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ