ライフスタイル

HOME > ライフスタイル > 乗馬を愉しむ平屋

乗馬を愉しむ平屋

扶桑町 S様邸
2011年竣工
【延床面積】36.81坪
「80歳くらいまで乗馬を続けたいです」とご夫妻。そしてこの家も設計段階から〝終の棲家〞という、将来を早くも見据えたバリアフリーの家に。

家が快適なので外での暑さ寒さに弱くなりました。

「薪ストーブが欲しくて家を建てました」
今秋。すでに初焚きをされて、この家での2回目の冬支度が整いました。
-Jotul F500 随分前から選んでいらした機種です。「鍋が丸ごと入るサイズでお料理できて良いですね。焼きたてピザは友人にも大好評でみんな喜んでくれますよ」

4年前に叔母様の勧めで、ご主人と一緒に始められたのが馬場馬術。以来すっかり馬に魅せられたという奥様。馬好きが高じて、まるでディズニーランドの隠れミッキーのように、室内外あちらこちらに馬をモチーフにしたアイテムが潜んでいます。2年前の秋はピークで、ほぼ毎日乗馬レッスンに通っていたというご夫妻。「ちょうど家づくりの打ち合わせと時期が重なって本当に忙しかったです」と振り返られます。

この家にお住まいになってからの変化もおありです。まずひとつめはピアノを購入したこと。「音が外にほとんど聞こえないので、夜も気兼ねなく練習しています」
ふたつめは、庭の手入れが楽しみになったこと。以前は土いじりが大きらいだったという奥様ですが、今では草むしりも積極的です。春には庭が一面タイムで紫色に染まります。
そして、何より生活スタイルの変化。「大きな変化は、カーテンを閉めきらずに過ごすようになったことですね」と、開放的な空間を堪能されています。「年中、室温が26℃+-3℃の範囲内に維持できて本当に家が快適なので、外に行ったときの暑さ寒さに弱くなりました」
そのような家の快適性ゆえ、「泊まりたいと思えるホテルのランクが上がって宿代が高くなるという贅沢な悩みも出てきてしまいました」とおっしゃいます。

これから、S様にとって楽しく長い冬が始まります。家では薪ストーブ。ロッキングチェアーに座って火を見てのんびり過ごすことが奥様の至福のひとときです。休日には乗馬レッスン。「80歳くらいまで乗馬を続けたいです」とご夫婦。そしてこの家も設計段階から”終の棲家”という、将来を早くも見据えたバリアフリーの家に。

【当社での家づくりの決め手】

●いつも外から見て好きだった家、それらすべての家を建てた会社だった。
●奥様の趣味に合った。特にモデルハウス・ファーリントンの中を見てすぐ「これだ!」と思った。
●きちんと回答があり、デメリットの説明もあった。
ブルーの爽やかな洗面室。2人並んで使えるラグジュアリー空間。
玄関ホール横にある、鞍や馬具を洗濯収納するための部屋。
ピアノ上部には、ROYAL COPENHAGENのイヤープレート。
お二人の記念年(誕生、結婚、乗馬、新築)のコレクション。
台形に張り出したコーナーのあるダイニング。
家具と床(無垢のホワイトオーク)も相性抜群。
レンガ積みの平屋。
建物の回りを馬が駆けていそうな、絵になる優雅な佇まい。
ゆったり6帖の客室に、ゲスト専用の洗面化粧コーナー。
一覧ページに戻る
  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ