資金計画を考える

HOME > 資金計画を考える

家を建てる前に

家を建てる時には、手持ちの資金と相談しながら、本体価格や諸費用などを計算したおおまかな総額の目安、いくら頭金を用意していくら住宅ローンにまわすかなど、だいたいの目安を考えることが必要です。
また、税金などの各種費用についても考えることが必要になってきます。
失敗のない家づくりをするためには、基礎的な知識を身につけることが大切です。そして何よりも、信用して相談することのできる、家づくりのパートナーを選ぶことです。
当社では、専任のファイナンシャルプランナーが、お客様の視点に立ち、最適な資金計画をアドバイス致します。
お客様が末永く安心して住んでいただけよう、しっかりサポート致しますので、安心してお任せください。

家を建てるのに必要な資金

  • 土地を購入する費用
    土地代・登記代・手数料など
  • 家を建てる費用
    設計費・監理費・建築工事費・外構工事費など
  • その他の費用
    引越費・式典費・税金・利息など

資金計画の立て方

まず、現在の自己資金の洗い出しと、毎月の家賃などを基にして、家づくりの資金となるお金を概算します。さらに次のような手順で検討していきます。
  • 自己資金から家づくりにかけられる総額
  • 住宅ローンの毎月の返済額
  • 資金計画の概要をしっかりかためる
  • 今後のライフプランを考える
何十年と毎月お金を返していくのですから、お子さまの教育費のことや、万一のケガや病気なども視野に入れておかなければ、せっかく建てた家で楽しく暮らすことができません。今後のライフプランに沿った資金計画をしっかりと考えましょう。

ファイナンシャルプランナーの紹介

お客様の視点に立ったアドバイスを致します。

ファイナンシャルプランナー
お客様のライフプランを考え、お客様の視点に立ったアドバイスをさせていただきます。
住宅ローンにしても、様々な商品があります。そのお客様にとって、どの商品がベストなのかは、その時の状況やお客様がどのような生活を望んでおられるかによっても変わってきます。
当社の建てた家に末永く住んでいただくために、最適なアドバイスを心がけますので、安心して何でもご相談ください。
ファイナンシャルプランナーは当社以外にも数社ご紹介が可能です。
またオプションとして、「生命保険等の見直しサービス」や「金融機関との借入条件交渉の代行サービス」を行っており大変好評です。
(詳しいご案内・お申込みは、下記/または担当スタッフまで)
  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ