スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 「手間のかからないもの」

「手間のかからないもの」

2017.03.03

日進市で建築中、大工Aさんの家づくりブログ ~プロフェッショナルが選ぶ家~

 

当社の物件を多く見て手掛けてきたAさんだからこそ!の選択をご紹介します。

DCIM100GOPROG0010228.

 

随所において大工Aさんは「デザイン性より、手間のかからないもの」を選ばれているようですよ。

だからといって、ダサいわけはありません!!!

ちゃんとフロンヴィルホームズ名古屋仕様で、設計士もインテリアコーディネーターも専属で担当していますから。

 

「もれなくステキになる」とは弊社GM太田の言葉。

スタッフ_取締役_太田信一様_02

 

 

 

さて、手間のかからない、大工Aさんらしい選び方、一体どんなものがあるのか見てみましょう!

 

大工Aさんらしい選び方①

【屋根】

 

現場で接触する色々な業者さん、屋根やさんに聞き回って、

将来の塗り替えメンテナンスについて等リサーチされたんですって。

「自分が建てるなら絶対に瓦がいい!」という結論に辿り着いたそうです。

 

 

大工Aさんらしい選び方②

【床材】

 

「無垢がいい!」と、Aさん。勿論はずせません。

傷ついても汚れても、補修できる。呼吸している木ですから。種類によって、”張りやすさ”が違うのだそう。

 

この二つ、どっちがどっち?どう違う?

f750-kit-din (2) IMG_0765

↑左はユーロオーク、見た目で選ぶなら、Aさんのお好みはこちらです。

↑右はSNオーク、Aさんにとっての作業性の良さ、張りやすさで、こちらを選ばれました。

 隙間ができにくい精度が良い材料という点も、Aさんおすすめです。

 

20年以上、いろんな無垢の木を扱ってきたAさん。特性も良くご存知です。安心して任せられます。

 

そういえば、大府のモデルハウスの床(ヘリンボーン)も、Aさんが一本一本現場で張り仕上げられました!

ものすっご技術がいることですよね。手間がかかることは明らかです。

BH-D-1122-liv

 

 

大工Aさんらしい選び方③

【ダウンライト】

 

通常2階は天井埋め込み照明、ダウンライトにしない(天井断熱の場合できない為)ですが、

今回は屋根に断熱する方法を選択して、ダウンライトを多く設置しています。

ナゼですか?と聞くと「掃除が楽だから」とAさん。

照明器具の傘などにたまる埃、その掃除に手間がかかるのがすっごく嫌なんだそうです。

f666-lig-02

 

 

 

 

完成見学会が、2017年3月19日(日)開催に決定いたしました!!

ご予約はこちらから

 

 

【バックナンバー】

スタッフ皆が喜んだ、大工Aさん自邸建築スタート話はこちら

誰もが知りたい疑問「なぜフロンヴィルホームズ名古屋で家づくりを?」はこちら

  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ