スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

映画の中のインテリア(女性ブログ)

女性ブログ(F*staff ) 2015.11.01

女性ブログ更新しました。
2

ハロウィン

社長日記 2015.10.31

10月31日(土)は「ハロウィンの日」で、今年も全国で様々なイベントが企画されているようです。

ここ4~5年ハロウィンの人気は目を見張るものがあり、商業ベースで言えば、バレンタインを上回る勢いだそうです。

もともと、ケルト人の収穫祭が起源のようですが、今はあまり関係なくイベントが独り歩きしているようです。

 

日本にも、秋祭りで収穫を祝うお祭りがありましたが、もっとも今でも形ばかりのお祭りが町内会でおこなわれているようですが。

私が子供のころには、母親が稲荷ずしと巻ずしを作り、親戚が大勢集まって、大騒ぎをしていた記憶がありますが、今時はそんな光景は見られません。

 

ハロウィンは仮装をするところが、現代人にうけているようで、それをSNSが後押しをして、誰も恥ずかしがることなく仮装しています。

普段からコスプレで慣れているのかもしれませんが、人々の心の中に変身願望があるのかもしれないですね。

 

もっとも日本の秋祭りより、ハロウィンの方がカッコいいからかもしれませんね。

ちなみに、当社でも例年行っていた「クリスマスパーティ」が大府展示場のオープンに重なるため、中止になり、「ハロウィンパーティ」がモデルハウス・ファーリントンで行なわれました。

http://fhn.co.jp/eventreport/

 

 

黒川(社長日記

 

 

キラリ (女性ブログ更新)

女性ブログ(F*staff ) 2015.10.26

女性ブログ更新しました。
外観

信じるものこそ救われる?

太田の家づくり論 2015.10.23

「信じるものこそ救われる?~家相~」

 

今回は皆さんが、気になるような、ならないような「家相」についてのお話をしてみたいと思います。

ご存知のように家相は中国で発祥して、主に黄砂の影響をなるべく受けないようにするために鬼門といわれる方位が設けられるようになったようです。

・南西に落葉樹を植えるとよい
・西日を受ける場所に台所やトイレを設けない方がよい
・中央に階段を配置しない方がよい など

 

理論的で今でも充分通用する部分と、トイレが水洗になり建物の高性能化が進んで、昔とは事情が変化してあてはまらなくなっている部分も多くあります。いずれにしろ知らない部分が多いので何となく恐がっている方が多いのではないでしょうか。私個人的には、家相や風水が本当に強い影響をもっているならば、中国の近代化はもっとうんと早かったのではないかと思えてなりません。

 

因みに、15年程前に玄関を鬼門のど真ん中に設けられた方がいらっしゃいますが、元気に還暦を迎えられて、増々意気軒昂でらっしゃいます。又、風水でLDKを北西に、主寝室を南東にされた歯医者さんもいらっしゃいます。さすがに当時は驚きましたが、はやってらして、楽しそうに暮らしてらっしゃるようなので、まっいいことにしておきましょう。

 

信じる者こそ救われるということではないでしょうか。

 

 

明後日、10月25日(日)11:00~
かぼちゃのイベントで風水出張セミナーをするようです。
 まだ席に空きがある模様、よろしかったらぜひご参加ください。

 

 

太田(太田の家づくり論

女性ブログ更新しました。

女性ブログ(F*staff ) 2015.10.15

女性ブログ更新しました。
20150923115101_IMG_1010

建築と不動産のあいだ

社長日記 2015.10.10

「住」を仕事にしている業界には、いろいろあります。

大きく分ければ、「不動産業」と「建設業」そして最近では「リフォーム業」です。

 

「不動産業」の中には、土地の開発から行う「デベロッパー」や、建売住宅を専門に行う「建売業者」、

専ら土地の仲介を専門にする「仲介業者」、そして「賃貸専門仲介業者」など様々な業態が混在しています。

 

一方「建設業」は、土木を中心にする業者や、ゼネコンと呼ばれる公共工事やマンションなどを手掛ける業者、住宅を専門にする住宅会社があり、それぞれ「元請」「下請け」「孫請け」など多層構造になっているのが特徴です。

 

この二つの業種は、すぐ隣の業種でありながら、今までは、ほとんどが全く相いれない、別ものでした。

私たち建築業者は、なるべく不動産としての土地のこと関わらず、家を建てる土地として付き合ってきましたが、それでは最終的にお客様に満足していただけないということが、わかってきました。

 

この建築と不動産の間にある、「壁」というか、「溝」というか、それを埋めない限りうまく行かないのです。

他の業界では既に、今までの既存の業界の垣根が無くなって、業界を超えた競争が始まっているのに、我々の業界だけが、そのままでいい訳がないのです。

家の相談をする前に、不動産のことや金融のこと、ライフプランなどのコンサルをして、初めて家の計画に入るのが大切です。

この動きは、今後ますます激しくなっていきます。

 

昔ながらの、町(待ち)の不動産屋さんや、いい建物さえ建てていればという自己満足の建築屋さんは、

時代に取り残されて、いきます。

 

 

↓「不動産」から「建築」までトータルで携わった、私たちの仕事です。

sin_img02_0903

 

 

黒川(社長日記

 

 

46 / 50«..4445464748..»
  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ