公式ブログ

HOME > 公式ブログ

北米の家、北欧の家、日本の家

2018.04.12

こんにちは、フロンヴィルホームズ名古屋です。

 

当社のつくる輸入住宅は、北米から輸入した建材を使った、北米基調のデザインが中心です。

北米デザインの外観の特徴としては、屋根の勾配がきついこと、縦長の窓が多いことなどが挙げられます。家全体を見渡したときのバランスや窓の配置が大きな違いです。

一方、北欧デザインは屋根勾配が緩く、木のサイディングが多く使われます。

 

内装については、北米デザインは壁をペンキで仕上げることが多いのに対し、北欧デザインでは板張りが多いという特徴があります。ペンキで仕上げた壁は、実はメンテナンス性も抜群なんです。オーナー様ご自身で塗り替えをおこなうことも多く、当社では「ペンキ教室」も開催しています。意外に簡単にできるということで、皆さん早速ご自宅で実践されているようですよ!

 

窓は、先程書いた通り縦長のものが多く、その開き方によって種類も豊富。改めて詳しくご紹介したいと思います。

 

また、日本の住宅の特徴としては和室の存在がありますね。当社の住宅を選ばれるお客様の中には「北米デザインの家を建てたいけど和室だけはほしい」そんな方もいらっしゃいます。

当社では、お客様のご要望に応じて和室をつくることももちろん可能です。当社がつくるからこそ、細かな部分のデザイン性も重視した、より高品質な和室を提案することができます。畳を替えることでそのまま洋室として使用できる、そんなモダンなデザインの和室を希望されるお客様もいらっしゃいました。

 

北米、北欧、そして日本。それぞれの特徴があり、良さがあります。それをどのように取り入れてご自身のこだわりを実現するか、お客様それぞれの想いをお伝えください。当社の長年の実績と経験から、お客様の理想を叶える家をご提案したいと考えています。

 

4-1

 

4-2

 

 

4-3

 

 

4-4

  • イベント・見学案内
  • 資料請求・お問い合わせ